技術情報

プラダン

当社で扱っている業務用包材の包装技術の中で、プラダンというものがあります。プラダンとはプラスチックダンボールの略称でダンボールと同じ形状をしたポリプロピレン製の中空シートのことをさします。ダンボールに比べ、水・油に強く、何回でも使用できる点が利点になります。その分、費用の方はかかりますが、繰り返し使用することにより、結果的にコストを抑えることができる業務用包材となっております。使い捨てが問題視されている中、何度も使え環境にも良いプラダンの通い箱への関心が高まっています。加工性は中空構造のため、カッターナイフなどで簡単に切断することができます。さらに、ダンボール同様に加工が行えるので、紙ダンボールでつくれる形状はほとんどつくることができます。また、ポリプロピレンから作られているものなので、溶かして接着することが可能になります。量産加工の際は、精度の高い金型は不要で、数万~数十万の抜き型(木型)のみでつくることができます。

図2

 

※以下のURLから、プラダンの業務用包材のページに移動します。

プラダン商品