技術情報

紙袋の種類

業務用包材の中の紙袋には封緘口の形状や底の貼り方によって以下の表に示されるように様々な種類に分類されます。

 

袋の種類及び記号

種類

開口式

記号

バルブ付き

記号

ミシン縫い袋

ひだなし片縫い袋

C-1

ひだなし両縫い袋

D-1

ひだ付き片縫い袋

C-2

ひだ付き両縫い袋

D-2

のり
貼り袋

片底貼り袋

A-1

両底貼り袋

B-1

角底袋

A-2

ひだ付き両底貼り袋

B-1’

ひだなし片折り貼り袋

A-3

補強紙付き両折り貼り袋

B-2

ひだ付き片折り貼り袋

A-4

L形バルブ両折り貼り袋

B-3

片二重折り貼り袋

A-5

L形バルブ両二重折り貼り袋

B-4

補強紙付き片折り貼り袋

A-5’

 

まず、封緘口の種類では、製袋の際に一方だけ閉じた開口式と、袋の1つのコーナーまたは縦のオーバーラップの端部に位置した開閉口に内容物の逆流防止機能付きの充填口(バルブ)がついているバルブ付きに分けられます。

また包材の底部は、ミシンによる連続縫いによって封緘を行うものと、のり付けを行うことによって封緘を行うものの2種類があります。ミシン縫い袋の場合には、ひだの有無による2種類だけとなりますが、のり貼り袋の場合には底部の折り方によって様々な形状を形成することが可能となり、折り方によって強度の調節を行うことが可能となります。

袋の種類

袋の種類