包材製作事例

お茶用紙袋

この袋は荒茶や茶葉の梱包に使用される片底貼袋です。底部を機械貼りにすることによって、製造コストの低減に加え、安定的な強度を保持できます。また、中間層にPEを採用することによって、防湿効果を持たせています。さらに、最内層をクラフトにすることで収穫時、茎や小枝等によるPE袋の破損を防ぎ、防湿効果を保持できます。この袋は底幅が広く、空袋でも自立させることができるため、使用者の作業性も高いです。