包材製作事例

ふすま用途:クラフト紙袋

小麦を製粉するときに取り除かれる外皮や胚目は「ふすま」と呼ばれ家畜の飼料などに利用され、内弁袋が使用されるのが一般的です。

ただ、健康食品としての需要が増加し、人が口にするモノは内容物の粉漏れなど衛生面が重要視され、「PV袋」が広く採用されています。

こちらの用途は充填機とパレットの積載効率の兼ね合いから底幅127mmが標準となり、小麦用途の92mmから少し大きい規格となります。

包装素材

クラフト紙

包装種類

両底袋

特性

粉漏れ防止

業界

食品